を使用される喘息患者さんへ
デュピクセント®相談室
文字サイズ
サノフィ株式会社
MENU CLOSE

喘息の検査

呼吸機能検査(スパイロメトリー)

スパイロメーターという機械を使い、呼吸機能を調べる検査です。息を思い切り吸ってから、勢いよく吐いたときに1秒間で吐ける量を「1秒量」といい、喘息の重症度の判定などに使用します。気道が狭くなっていると、「1秒量」が少なくなります。

1秒量の測り方

呼気一酸化窒素(FeNO)濃度測定検査

機械に直接息を吹き込むことで、気道の炎症状態を評価する検査です。
吐いた息の一酸化窒素(NO)の濃度を測定します。
FeNOが上昇した場合、気道が炎症を起こしていることを示しています。

FeNO検査について FeNO検査について、
さらに詳しく知りたい方はこちら
FeNO検査について

FeNO検査について、
さらに詳しく知りたい方はこちら

血液検査

血液中の好酸球数、総IgE値、抗原特異的IgE抗体などを測ります。

好酸球数 数値が大きい場合、気道が炎症を起こしていると判断します。
総IgE値 アレルギーがある場合、数値が大きくなります。
抗原特異的IgE抗体 アレルギーの原因(ダニ、ペット、カビなどのアレルゲン)がわかります。