を使用される喘息患者さんへ
デュピクセント®相談室
デュピクセント®の操作方法に関するご質問に、
24時間365日、専任スタッフがいつでもサポートします。
0120-50-4970
(フリーダイヤル)24時間365日
文字サイズ
サノフィ株式会社
MENU CLOSE

あなたの気道で起きていること

あなたの気道は、発作があるときだけでなく、ないときも炎症を起こしており、少しの刺激でも過敏に反応しやすくなっています。

図1. あなたの気道で起きていること
図を拡大する 図を拡大する

アレルゲンやウイルス感染などによって、気道が刺激され、Th2細胞やILC2という細胞が活性化されると、IL-4、5、13といった喘息で中心的な役割を果たす炎症物質が放出されます。
これらは、直接気道に悪影響を与えるだけでなく、他のアレルギー担当細胞を刺激して、 さらに多くの炎症物質を放出させ、気道を狭くしたり、過敏にしたりします。

  • ※1インターロイキン(IL):細胞間の情報伝達を担うタンパク質。番号によって働きが異なる。
  • ※2Th2細胞:アレルギー炎症の主役となるリンパ球。
  • ※3ILC2:グループ2自然リンパ球。Th2細胞と同じような働きをするが、ステロイドが効きにくいとされる。
  • ※4B細胞:IL- 4の刺激によって形質細胞に変化しIgE抗体を放出する細胞。
  • ※5マスト細胞:B細胞(形質細胞)から放出されたIgE抗体が結合し、さらにその抗体にアレルゲンが結合することによって炎症物質を放出する細胞。
  • ※6好酸球:活性化すると炎症物質を放出する細胞。