デュピクセント®の安全性について


デュピクセント®の投与により、副作用が起こることがあります。副作用があらわれた場合には、すみやかに主治医または看護師、薬剤師にお伝えください。

 予想される主な副作用

予想される主な副作用

注射をした後に、注射をした部位(腕やお腹、太もも)に、痛みが生じたり、赤く腫れたり、かゆくなったり、出血することがあります。

図1. 注射部位反応

  起こる可能性は低いものの、特に注意が必要な副作用

アナフィラキシー反応による症状

一般的に、お薬を投与してすぐに起こる過敏反応で、次のような症状があらわれます。

  • めまい、ふらつき、立ちくらみ、だるさ、意識の低下

  • 呼吸困難、呼吸時に「ゼーゼー」音がする

  • 腹痛、吐き気、嘔吐

  • 皮膚のかゆみ、赤み、腫れ、全身の発疹

  • くちびる、舌の腫れ など

図2. アナフィラキシー反応による症状

日本アレルギー学会:アナフィラキシーガイドライン(第1版), メディカルレビュー社, 2014, p.11より作成

好酸球数の増加による症状

デュピクセント®の投与により、患者さんによっては、血中の好酸球数が一時的に増加することがあります。好酸球がわずかに増えただけでは、症状があらわれることは通常はありませんが、ときに次のような症状があらわれることがあります。

  • 咳、発熱、だるさ、息切れ、呼吸困難、呼吸時に「ゼーゼー」音がする、血痰(血液の混じった痰)

  • 動悸、息苦しさ

  • 発疹、むくみ

  • 手足のしびれ、麻痺(動きが悪くなる) など

図3. アナフィラキシー反応による症状

MAT-JP-2203790-3.0-01/2024