を使用される鼻茸患者さんへ
デュピクセント®相談室
文字サイズ
サノフィ株式会社
MENU CLOSE

デュピクセント®の治療の進め方

投与スケジュール

デュピクセント®は、2週間ごとに1本を皮下投与します。症状安定後には、4週間ごとに投与することも可能です。

図1. 投与スケジュール

症状安定後は、医師の判断のもとに、2週間隔又は4週間隔で投与することができます。
本剤の投与対象となるアトピー性皮膚炎や気管支喘息を合併している場合は、それらの用法および用量に従ってください。

投与部位

注射に適した部位は以下の3ヵ所です。

図2. 投与部位

※自己注射に適した部位は、へそ周り以外の腹部または太ももです。

デュピクセント®は自己注射も可能です

医師の判断のもと、患者さんご自身が注射を行う「自己注射」も可能です。

図3. デュピクセント®は自己注射も可能です

自己注射のメリット

●通院にともなう時間的な制約や負担が軽減でき、ご自身のスタイルに合わせて治療することができます。
●通院日を調整できるので、仕事や旅行などの活動範囲が広がります。

図4. 自己注射のメリット

これまでの治療はどうするの?

デュピクセント®を投与する前に続けていた治療やケアがある場合は、自己判断で中止することなく、主治医に相談し、指示に従いましょう。

図5. 自己注射のメリット

自己注射の導入方法は?

まずは病院で指導を受け、練習しましょう。

デュピクセント®の自己注射について、詳しくはこちらをご確認ください。

デュピクセント<sup>®</sup>の自己注射について