補助具(マイデュピ)ありの動画
補助具ありの動画
補助具なしの動画
補助具なしの動画

注射の方法
補助具(マイデュピ)ありの場合

補助具のスライド部の位置を確認する

  • 先端のスライド部が図の位置まで下がっていることを確認する
重要
重要
図: 補助具のスライド部の位置を確認する
注意 注意
  • 補助具の破損がみられるまたは動作に不具合がある場合は、
    補助具の使用を中止して、かかりつけの医療機関へ連絡すること
図: 補助具のスライド部の位置を確認する

補助具に注射器をセットする

  • 補助具の後部から、注射器をカチッと音が
    するまでしっかり奥までさしこみセットする
図: 補助具に注射器をセットする
注意 注意
  • 補助具スライド部をさわらない
  • 注射器プランジャーをもたない
図: 補助具に注射器をセットする

注射器の針キャップを外す

  • 両手で補助具を持ち、
    スライド部をのばして、
    針キャップを外す
図: 注射器のキャップを外す
図: 注射器の針キャップを外す

注射器を垂直にさす

  • 補助具を持ち、注射針を皮膚に垂直にさす
図: 注射器を垂直にさす
注意 注意
  • スライド部に手が触れると、スライド部の動きの妨げになるので注意すること
図: 注射器を垂直にさす

注射液を注入する

  • 補助具を肌に押し付け、固定できたら、反対の手で注射器のプランジャーヘッドをゆっくり押し込む
    • プランジャーヘッドを
      最後までしっかり押し込むこと
図: 注射液を注入する
図: 注射液を注入する

プランジャーヘッドを押したまま、注射針を抜く

図: プランジャーヘッドを押したまま、注射針を抜く
注意 注意
  • 注射が終わった後も、針キャップは再度取り付けないこと
  • 注射後、注射部位をもんだり、こすったりしないこと
  • 注射器は再利用しないこと
図: プランジャーヘッドを押したまま、注射針を抜く

補助具から注射器を取り外す

  • プランジャーヘッドから手を離すと注射器の後ろが自動で上がってくる
  • 最後に図のように注射器の後ろをつかんで、補助具から抜き、注射器を廃棄する
図: 補助具から注射器を取り外す
図: 補助具から注射器を取り外す

注射の方法 補助具なしの場合

針キャップを外す

  • 注射器本体の中央部を持ち、針キャップを外す
図: 針キャップを外す
注意 注意
  • 注射直前まで針キャップを外さないこと
  • 一度外した針キャップは再度取り付けないこと
  • 注射針には触れないようにすること
  • 針キャップを外したら、針が他の物と接触しないようにし、素早く注射を行うこと
  • 注射器内に気泡が見られる場合があるが、取り除く必要はない
図: 針キャップを外す

皮膚をつまむ

  • 注射針をしっかり挿入するために、
    注射する部位の皮膚をつまむ
図: 皮膚をつまむ
注意 注意
  • 衣服の上から注射はしないこと
図: 皮膚をつまむ

約45度の角度で注射針を刺す

  • 注射針を皮膚に約45度の角度で完全に挿入する
    • しびれがある場合は針先を少し引く
図: 45度の角度で注射針を刺す
図: 45度の角度で注射針を刺す

注射液を注入する

  • 皮膚をつまんでいる手を緩め、プランジャーヘッドを注射液が
    なくなるまでゆっくり押し込む
    • 注射の際に抵抗を感じても問題はないので、引き戻すことなく、
      ゆっくり押す
    • プランジャーヘッドを最後までしっかり押し込むこと
図: 注射液を注入する
図: 注射液を注入する

プランジャーヘッドを押したまま、注射針を抜く

  • 挿入したときと同じ角度(約45度)で、
    注射針をまっすぐ抜く
図: プランジャーヘッドを押したまま、注射針を抜く
図: プランジャーヘッドを押したまま、注射針を抜く

注射後

  • 注射針を抜いた後に、プランジャーヘッドを押していた指をゆっくりと緩める
    • 使用後は安全カバーがスライドして、
      注射針が安全カバーに覆われる
  • 出血がある場合は、消毒用アルコール綿で注射部位を軽く押さえる
図: 注射後
注意 注意
  • 注射が終わった後も、針キャップは再度取り付けないこと
  • 注射後、注射部位をもんだり、こすったりしないこと
  • 注射器は再利用しないこと
図: 注射後
SAJP.DUP.19.03.0690