を使用される患者さんへ
文字サイズ
サノフィ株式会社
MENU CLOSE

アトピー性皮膚炎の治療

治療の基本は、皮膚のバリア機能を補う治療(保湿)と、炎症を抑える治療 (抗炎症療法)です。患者さんのその時々の症状の程度やライフスタイルなどに応じて適切な治療を組み合わせます。

確実な診断・重症度の評価をした後、
治療の目標やゴールを共有した上で以下のような治療が行われます。

外用療法
保湿外用薬
ステロイド外用薬
ウィーク
ミディアム
ストロング
ベリーストロング
ストロンゲスト
タクロリムス外用薬
全身療法
デュピクセント®︎
シクロスポリン
経口ステロイド
光線療法

アトピー性皮膚炎の治療では、患者さんが自分の状態をよく知り、継続して治療に取り組むことがとても大切です。病気や治療について知りたいとき、なかなか良くならず不安なとき、主治医の指示通りにお薬が塗れないなど困ったことがあるときは、主治医に相談してみましょう。

SAJP.DUP.18.03.0582